株式会社スミハツ株式会社スミハツ
English サイトマップ お問合せ
Home 事業案内 工場案内 会社案内 採用情報 お知らせ  
事業案内
事業戦略
板ばね事業
巻ばね事業
軌道事業
   
 
 
  近年、大型バス・トラックからライトバンに装備される板ばねの果たす役割は、車輌の軽量化、乗り心地の改善、荷痛みの防止などと多様化しています。

スミハツはこの多様化するニーズにいち早く対応するため、板ばねの設計から品質管理に至るすべての工程で、設備の保持と改良、そして省力化に努め、つねに高品質の製品をお客様へ供給しています。

   
 
   
 
 
  「重ね板ばね」はもとより、空気ばねと併用する「トレーリングリーフ」、疲労強度の向上と軽量化を同時に実現した「テーパーリーフスプリング」など、スミハツは絶えず新たな製品開発に努めています。
     
 
     
   
     
 
   
 
   
PAGE TOP
 
 
  空気ばねと併用し、大型バスなどの
車輌懸架装置に使用。
   
 
 
 
  古くから鉄道車両、自動車などの懸架装置に
使用されている最も一般的なばね。
 
 
 
  ばね板枚数を減らすことで、板間摩擦を
減少させ、乗り心地の向上と軽量化を実現。
  (SIZE:271KB)
 
   
PAGE TOP
 
(C)2003-2004 SUMIHATSU Co., Ltd All Right Reserved.